読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

女子大生1人で世界放浪!?波乱万丈な旅エッセイが無料セール!

PR 大学生

スポンサーリンク

あなたは今までに世界放浪に憧れたことはありませんか?

しかし、家族や身近な人の反対、経済的・時間的な面から諦めてしまったりしていませんか。特に若い女性なんかは危険もリスクも高そうですし、なかなか踏み切れない事が多いかも…。

そんなあなたに本日紹介する世界放浪のエッセイ本「悩んでるなら旅しちゃえ!」をぜひおすすめします。こちらなんと、2016年2月22日と2月23日に無料配信セールが行われる電子書籍です。

そして、こちらの旅エッセイの本の特徴はなんといっても、

19歳の女子大生の1人旅の記録であるということです。

なかなか世界放浪という夢に踏み切れない、若い女性の方は必見の旅エッセイでございます。

女子大生による旅エッセイ"悩んでるなら旅しちゃえ"とは?

本日紹介するのはこちらの本。女子大生による旅エッセイ"悩んでるなら旅しちゃえ!"です。

悩んでるなら旅しちゃえ!

悩んでるなら旅しちゃえ!

 

「世界放浪ってこんなに面白い!」 

インドの空港で一人になったり、駅前で大道芸をしたり、トルコ人に恋愛を説かれたり……
19歳女子大生が、等身大で綴った波乱万丈の旅エッセイ!

出典:Amazon.co.jp: 悩んでるなら旅しちゃえ! 

こちらは早稲田大学の女子大生"平尾静"さんの4か月間に渡る世界放浪の様子が綴られた旅エッセイ。

世界一周や世界放浪をテーマにした旅本はたくさん世の中に出回っていますが「19歳の女性大生が1人で」した旅に関しての本はあまりないかも?世界放浪に憧れるけど、なかなか踏み切れない若い女性は必見ですね~。

ページ数は45ページしかないので30分程度で読めるとてもライトな読み物。それでも平尾さんの世界放浪の様子がぎっしりと詰まっていて、読みごたえたっぷりです。

 

さて本来であれば、こちらの本は「339円」で販売されている電子書籍なのですが、今回はやたらお得な情報を手に入れました。

なんと2月22,23日は無料配信セールが行われるのです!

こんなにお得なチャンスはもうありませんよー。この記事を見た人はラッキー。今すぐダウンロードに進んじゃってください。

 

旅エッセイを読んで感じた世界放浪の魅力3選

さて、僕もさっそくダウンロードして「悩んでるなら旅しちゃえ!」を読んでみました。

感想としては一言、「自分も世界放浪したくなってくる」ということです。

実は僕は世界放浪どころか海外に行った事が一度もありません。それでも同世代の平尾さんの体験は物凄くリアルに綴られて世界放浪の気分が味わえます。

ということで以下、僕が本を読んで感じた世界放浪の魅力と同時に、僕が世界放浪をしたときのシュミレーションをあらかじめしておこうと思います。

 

①本当に困った時の出会い

第2章の「人の優しさ in インド」より。

飛行機が遅延した影響で夜のインドの空港に1人で取り残されてしまった平尾さん。決して治安の良いエリアでも無かったために絶望してしまうのですが、通りすがりの女性に助けられる…というエピソードです。

 

思えば、住み慣れていて、かつとても安全な日本で生活していると「本当に困る」という経験はないかもしれません。

でも第2章を読むと「本当に困ったとき」こそ親身になって自分を助けてくれる人に出会えるということを感じました。世界放浪したことの無い僕も、一度本当に困って本当に人に頼らないといけない状況に置かれたときの「奇跡的な出会い」を体験したいなと思いました。

 

ということで僕もインドで奇跡的な出会いを果たすシュミレーションしておきます。

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:あーもう、夜のインドの空港に取り残された―。困ったー!本当に困った!どうしよう!助けて―!インド人助けてー!僕と奇跡的な出会い果たしてー。

f:id:omosiroxyz:20160221222112j:plain:ヘイボーイ!コマッタヒト、タスケルヨ!

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:も、もしかして!あなたは!!

f:id:omosiroxyz:20160221221601p:plain

f:id:omosiroxyz:20160221221601p:plainダンサーデース!イェーイ!

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:なんでやねーん!すってんころりーん!

もし、僕がインドで一人ぼっちで困っていたら、是非とも助けてくださいね。ダンサーの方の助けは特に募集しておりません。

 

②自分を見つけられる

第5章の「「学びたいこと」と出会った日 in ドイツ 」より

旅の間に大学生活で学びたいと思える学問を決めることを目標としていた平尾さんはドイツでびびっときたみたい。博物館で見かけたヘブライ語がきっかけで言語を学ぶことを志した…というエピソードです。

 

やりたいことを見つけるために旅に出る…。旅の目的にこういった自分探しをあげる人も多いのではないでしょうか。

僕も一生をかけて「文章を書くこと」をやりたい!とある程度は将来は見えているものの、何のために文章を書きたいか~とか重要な事が決まっていない気がします。旅をしたら僕も何かに出会えるのかなぁ。旅エッセイを読んでいると、いつもこんなことを感じます。

 

ということで僕もドイツで自分を見つけるシュミレーションもしておきましょう。

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:自分はどこだ~!おーい自分はどこだー!あ、あれは!!もしかして!!ドイツの観光名所にもしかして!!

 

f:id:omosiroxyz:20160221223753j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:やったー!自分見つけた……ってなにこれ。

自分探しを目的に旅をするのもいいですけど、細心の注意が必要かもしれませんね。

 

③自分のちっぽけさを知る

第7章の「正しくなんか、なくていい。in ナミビア」より

ナミビアの観光地で半ば物乞いのようなお土産屋の集団と対峙した際のエピソード。貧困のリアルを目の前にして、平尾さんはその場にいた全員に持っていた20ドルを泣きながら配っていくのです。

 

もちろんこの行為は賛否両論。しかし、平尾さんは自分が物凄く無力に感じてしまって、何か行動せざるを得なかったのだと考えます。

世の中のリアルを目にして「自分のちっぽけさ」を感じたとき、本当にどうにかして世界を変えたいと人は行動するのかもしれません。

②でも少し述べましたが、僕も何のために文章を書きたいか決まっていません。世界を放浪したら僕が文章を書くことでできることも見えてくるのかな。

 

ということで僕もナミビアでちっぽけさを感じるシュミレーションもしておきます。

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:よーし、ナミビアにやってき……って、自分ってちっぽけだなぁ!!

f:id:omosiroxyz:20160221224850p:plain

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:ありがとう、砂丘。自分のちっぽけさ、感じだよ。

ナミビアまで行っちゃったら、大自然があなたのちっぽけさを教えてくれるかも。京都の火文字かよ!ってレベルでちっぽけさを教えてくれるかも。

 

あなたを成長させてくれること間違え無しの本!

以上、今回紹介しましたのは"悩んでるなら旅しちゃえ!"。女子大生1人での世界放浪旅エッセイ本でした!

悩んでるなら旅しちゃえ!

悩んでるなら旅しちゃえ!

 

 何度も言うように世界放浪への一歩が踏み出せないでいる若者、特に女性なんかにはおすすめの本です。

しかも2月22、23日は無料で読めてしまうので悩むまでもなくダウンロードしてしまえばいいと思います。

 

Kindle端末を持ってない方はこれを機に買っちゃうのもあり!僕はKindle Paperwhite を使っていますが、紙の本と変わらない画質で本を読めます。これは読書が便利ではまっちゃいますよ~。

予算が厳しい人もご安心。無料のスマホアプリをダウンロードすれば、スマホでも電子書籍は楽しめます。Kindleのアプリ版はこちらからダウンロードできます!

最後にこの記事を最後まで丁寧に読んでくれたあなたへ

悩んでるなら旅しちゃえ!

 

ちなみに紹介した本の編集者である初芝さん他の書籍はこちらでも紹介しています!合わせてご覧になってはいかがでしょうか!?

ちぇけ