面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

パスピエのライブの感想。ライブハウスの神を怒らせないで!


スポンサーリンク

パスピエのライブに行きました!

大学時代から大好きなバンドで、今年に入ってからは、毎日聴いてます。僕が作業する上では欠かせないミュージックです。

この記事では、ライブの感想を書きます!

 

 

パスピエのライブの概要!

f:id:omosiroxyz:20170329121111p:plain

パスピエは、2012年にメジャーデビューした邦楽ロックバンドです。バンド形態なんですけど、テクノポップやクラシックの要素が組み込まれているのが、グッときます。

今回のツアーでは、2017年1月25日発売のアルバム『&DNA』を掲げて、全国を周ります。

ツアータイトルは『DANDANANDDNA』です!

f:id:omosiroxyz:20170329122030j:plain

パスピエ 5th Anniversary Special Site / Tour2017パスピエ オフィシャルサイト

僕が訪ねた札幌公演は3月24日。琴似のペニーレーンってライブハウスで行われました。

ふっふー楽しみ楽しみー。

 

▼ 『&DNA』のレビューも書いてます!

 

パスピエのライブに行ってきた!

当日、意気揚々とペニーレーン向かったのですが、当日は雪やこんこ!(北海道の3月は冬)

地下鉄駅のロッカーに荷物を預けたので、凍えながら、屋外駐車場で入場を待ちます。整理番号が500番台だったので泣けました。

f:id:omosiroxyz:20170329122739j:plain

中に入ったら、お客さんビッシリ。

若い女の子が多め。スーツ着てる人、フェスファッションで戦闘モードの人もいます。

ペニーレーンは初めてきたけど、ちょうど良い大きさですね。キャパは500人くらいで、オールスタンディング。バンドのライブにはもってこいですね。

 

▼ペニーレーンの詳細はこちら。

 

以下、ネタバレありです。

パスピエのライブの感想!

ライブが始まってからは一瞬でした。生音楽にうっとりしてたら終わっちゃった。

セットリストはこちらでまとまってます。

以下、印象に残ったことです。

 

1.『S.S』のアレンジがおしゃれ!

パスピエのライブの定番曲『S.S』ですが、一味違ったアレンジが加わってました。

原曲はロックチューンですが、今回はジャス風にアレンジ。東京事変っぽい雰囲気になってて、「こんなのもあるのか」と感心しちゃいます。

 

▼オリジナルの『S.S』はこちら!

 

2.『メーデー』やり直し事件

パスピエはM.Cほどほどに、テンポ良く演奏していくんですけど、後半の『メーデー』に差し掛かるとまさかの事件が…。

ギターの三澤さんに音響トラブルが降りかかってしまい、2度にわたり演奏を中断するアクシデントが起こったんです。

成田さん曰く、三澤さんがペニーレーンの神様「ペニースくん」のお怒りを買ってしまったのだとか。控え室に祀られているそうです笑

今後ライブするアーティストの方は、くれぐれも「ペニースくん」を怒らせないように!

 

▼メーデーはこちら!

 

3.『MATATABISTEP』の盛り上がり

しっとり盛り上がるライブでしたが、終盤の『MATATABISTAP』はギアが1つ上がりました。モッシュしてるエリアもあったし、ギュウギュウの前列では「パリラ!」を合唱です。

パスピエのライブは『S.S』のイメージが強いけど、『MATATABISTEP』もなかなか上げ上げになるんだなぁと発見しました。

 

▼『MATATABISTEP』はこちら!

 

まとめ

『&DNA』は「聴かせるのにこだわっている」と感じていて、ライブも暴れまわるような場面はありませんでした。

自然と体がゆらゆらするのが、「パスピエ聴きにきたなぁ」って気がします。

 

ライブならでは!」と思ったのは、5人のチームワークですね。言葉を交わさずとも、アイコンタクトで息を合わせているのを見ていて、仲間っていいなぁって。

あと大胡田さんの不思議なダンスにも引き寄せられます。あれ無意識なのかなぁ。

 

何はともあれ、満足でした!これからもお世話になりまっす!

 

▼『&DNA』の感想をまとめてます!

▼パスピエのおすすめ曲まとめてます!