読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

パラレルワールドが題材!!ラストが衝撃的なおすすめ小説3選

おすすめ本,漫画

スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20151021214951j:plain

僕の趣味は圧倒的に「読書」です。なんといっても自己完結することが簡単にできますからね。

僕は読書に関してはかなり雑食なのですが、最近多く読んでいるのが、「パラレルワールドが題材の小説」です。

こういう小説って例外なく、ラストシーンが衝撃的すぎなんですよね。最初から読み返してしまう事もしばしば…。

そこで今回は僕がおすすめする、パラレルワールドが題材の小説を紹介します!

第3位:パラレルワールド・ラブストーリー(東野圭吾)

言わずと知れた東野圭吾さんの小説。

東野圭吾さんと言えば、ドラマや映画で話題の「ガリレオシリーズ」や「白夜行」や「流星の絆」あたりが有名。

ミステリーや推理がイメージですが、実はパラレルワールドなお話も書いているんです。 

僕のおすすめは小説はこちら。パラレルワールドラブストーリーです。

親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、1つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー。

出典:パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

主人公が好きな人と同棲している話と、主人公の好きな人が親友と付き合っている話が交互に進んでいって最後につながる…。

おおおおおおおおおおおおおってなる系の小説。

「どういうこと?」って思って読んでたら、いつの間にか終わって、これはもう一回読まねばwwwwwwwってなります。

東野圭吾小説でもとっても好きな作品です。

 

第2位:リピート(乾くるみ)

乾くるみさんもこのパラレルワールド界隈では有名な作家さん。

130万部以上を売り上げて、ミリオンセラーとなっている小説、「イニシエーション・ラブ」を知っている人は多いはず。

最後にえええってなる系のストーリーを書くのが大得意の方。

さて僕のおすすめはこちら。リピートという小説です。

現在の記憶はそのままに過去の自分に戻って人生をやりなおす「リピート」に成功した若者たちが、次々と不可解な死を遂げはじめた! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出典:リピート (文春文庫)

現在の記憶を持ったまま、10カ月前に戻ることができるというお話。その「リピート」を繰り返し続けて生きている案内人に招待され、主人公を始め10人の男女が「リピート」に参加します。

しかし、10人はせっかく戻ったのにどんどん不可解な死を遂げていきます。

これまた、ちょwwwそうだったのかwwwwってなって読み返してしまうのです。

乾くるみさんの中ではイニシエーション・ラブと並んで好き!

 

第1位:ぼくは明日、昨日のきみとデートする(七月隆文)

七月隆文さんは先日僕が初めて出会った作家さん。

主な作品はライトノベルが多いようです。若干オタクっぽい僕は手をつけられない小説が本職なご様子。

今回僕のおすすめ第1位である小説が「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」です。

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて──。

「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」

奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

出典:ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

これがなまら面白い。

2016年の僕の中での小説大賞が早くもきたか…。

主人公がある日、電車で一目惚れした女の子に声かけて、するするーっと付き合うことになる。なんだ普通の恋愛小説じゃねぇかとか思いながら読んでいくと、後半でまさかのどんでん返しがくる。

「あなたの未来がわかるって言ったらどうする?」

2人の平凡な恋愛がいっきに見方変わっちゃうんです。

決して結ばれない。彼女の秘密を知っちゃう主人公だけど、彼女に尽くしていく。彼氏も尽くしていく。

交錯する二人の未来と過去が死ぬほど切ない。泣ける。読んでから二日ほど、切なすぎて引きずっています。

 

パラレルワールド小説はおすすめです!

いかがでしたでしょうか。

パラレルワールド系の話はわくわくして、本当に最後でどんでん返しされるものが多いのでとっても大好き!いや~今後も良い小説を探していきたいな~

ぜひとも1冊お試しください!

ちぇけらっちょ

www.yamamototetsu.com

www.yamamototetsu.com