タメルからボダナートへ!ネパール最大のチベット仏教寺院仏教を拝む。

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170804143051j:plain

ネパール4日目!

ここまでダンバール広場→スワヤンブナートと巡ってきましたが、今回は「ボダナート」と呼ばれるネパール最大のチベット寺院を目指してみます。こちらも世界遺産です!

世界遺産の絶景!丘の上の寺院、スワヤンブナートに行ってきた。
【ネパール】タメル地区からダルバール広場まで散歩してきた。

上の写真は僕が撮ったものではないんですけど、街の中に仏塔がそびえ建つ雰囲気がやたらカッコいいですよね!こりゃ行かないと!

タメル地区からボダナートへ

ボダナートは、ホテル・安宿が密集するタメルから6キロほど離れた場所にあります。

徒歩で行けないこともないですけど、ちょっと小雨降ってるし、バスで行きます。

バズ乗り場はタメル中心部から10分ほど歩いたRatna Parkの近くにあります。

f:id:omosiroxyz:20170804142611j:plain

このエリアにはバスやバンが密集していて、カトマンズのあらゆる地域に行けるみたい。

運転手?のお兄さんに「ボダナート!」と聞い歩いて、5人目くらいでようやくボダナート行きが見つかりました。※現地の人には「ボゥダ!」と言うと伝わるっぽいです。

▼場所はこの辺りでした。

f:id:omosiroxyz:20170804145002j:plain

乗り込んだのは、10人乗りのバンでした。

中はかなりぎゅうぎゅう詰め。フィリピンのジプニーよりきつい…。カトマンズは道路が悪いので、ドッタンバッタン車体に体がぶつかってなかなかしんどいです…。

でも、隣に美人が座ってきた時は、もっと豪快に揺れろ!と思いました。ははっ

▼この日はあいにくの雨。カトマンズの道路は雨が降るとめちゃくちゃになります。

f:id:omosiroxyz:20170804142617j:plain

ボダナート到着!

小さなバンに40分近く揺られて、ようやくボダナートに到着。バスの料金はたったの20ルピーでした。安いなぁ。タクシーは200ルピー弱だと思うので、お得感あります。

到着したら、まずはチケットを購入!

f:id:omosiroxyz:20170804142724j:plain

外国人は400ルピーです。うぅ、結構高い。

中に入ると、早速仏塔が見えました!

f:id:omosiroxyz:20170804145540j:plain

いやーでっけー。

カトマンズにはたくさんチベット寺院があるので、いくつもストゥーパ(仏塔)を見てきたんですけど、やっぱ桁が違います。こちらは高さ36mもあるそうです。デケェ。

f:id:omosiroxyz:20170804142818j:plain

祈祷旗のタルチョーも他の寺院より多め。そして長め。カラフルでとっても綺麗です。

あと鳩もめちゃくちゃ多いです。ネパールはどこにいっても鳩がたくさんいます。

ストゥーパは1段目までは登れるので時計回りに1週してみました。うーん、雨がしんどい。

ちなみにタルチョーなんですけど、

f:id:omosiroxyz:20170804142513j:plain

1つ1つにしっかり意味があって、経文やらお願い事が書かれているそうです。カラフルでとっても良い味出してる。

f:id:omosiroxyz:20170804142516j:plain

あとチベット寺院でお馴染みのマニ車もやっぱりありました。ガラガラするだけでお経を読む効果があるんですよ!

写真は取れなかったんですけど、4mくらいあるでっけーマニ車も暗室の中にありました。訪ねた時に見てみてね!

周辺は観光地の雰囲気!

ボダナートは仏塔を囲むように、レストランやお土産やさんがずらりと並んでいます。

f:id:omosiroxyz:20170804142629j:plain

外国人向けのバーやカフェ、日本食レストランやゲストハウスなんかもありました。カトマンズの他の観光地はあくまでも「寺院」って感じでしたけど、ここは1つの街って印象です。

おっと、観光中に音楽隊と踊り子が登場!

f:id:omosiroxyz:20170804142538j:plain

これには地元の人も夢中で見入ってました。

雨の中なんですけど、とっても激しく踊ってます。彼らもまたタルチョー振り回してますけど、タルチョーは振るたびに経文を読むことになるらしいので、だいぶ読んでますね。

踊りをみたところで、ひと満足!

雨も強くなってきたのでボダナート観光終了〜。お次は歩いてパシュパティナートに向かいました(別記事にて紹介)。

ボダナートの感想

ボダナートは観光だけするんじゃなくて、数日滞在して宿泊やご飯を楽しんでも良いかなと思いました。

大きな仏塔は迫力あるんですけど、言ってしまえばそれで終わり。信者や僧侶は、周辺のローカル寺院に多くいるみたいですね。

ひとまず、大きな仏塔を目に焼き付けるだけでも、行く価値はありました!

次回はパシュパティナート編です!