世界遺産の絶景!丘の上の寺院、スワヤンブナートに行ってきた。

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170803150751j:plain

ネパール3日目です!

ネパールの首都・カトマンズは街ごと世界遺産になっていて、見所がいっぱい!前回は「ダルバール広場」に行きました。

【ネパール】タメル地区からダルバール広場まで散歩してきた。

今回は勢いそのままに、ネパール最古の仏教寺院と呼ばれる「スワヤンブナート」に行ってきました。金色の寺院に、街並みを見下ろす絶景!!ナイススポットでした。

タメル地区からスワヤンブナートへ!

スワヤンブナートは、安宿が集まるタメル地区から西に4キロほど離れた場所にあります。

タクシーで行くのが一般的ですけど、のんびり街の雰囲気を感じたかったので、今回は徒歩で行くことにしました(暑すぎて汗びっしょりで死ぬかと思いました)。

▼スワヤンブナートへ向かう途中のカトマンズの街並み。旗が良い味を出してます。

▼路地をひたすら歩いていると、丘の上にスワヤンブナートが見えてきた!!

f:id:omosiroxyz:20170803143055j:plain

▼スワヤンブナートの入り口です。仏陀がお出迎え。あと、この辺は物乞いが多いです。

▼スワヤンブナートは猿がそこら中にいるので、「モンキーテンプル」とも呼ばれてます。

f:id:omosiroxyz:20170803142039j:plain

▼ヒンズーの修行僧“サドゥ”発見!ヒンズーとチベットが混ざってるのがネパールです。

僕はタメル地区から徒歩で30分以上かけて来たので、この時点でだいぶくたくたでした。

でも、試練はここからでした。

かなり長くて急な階段が待ち受けているんですね!!

おぎゃー。話には聞いてたけど、ながいぃぃー。仕方ないのでひーひー言いながら気合いで登っていきます。疲れて水を飲んでると、おサルさんに囲まれて困りました。注意!

▼400段弱の階段を登ると黄金の寺院が!

f:id:omosiroxyz:20170803142052j:plain

スワヤンブナート到着!

階段を登りきったところで、入場料を払います。外国人は200ルピーで入場できました。ダンバール広場(1000ルピー)に比べると、格段にリーズナブルで嬉しいです。

ふう、ようやくスワヤンブナート到着!

f:id:omosiroxyz:20170803142042j:plain

いやぁ、綺麗です!

頑張って登った甲斐がありました。高さ15mの黄金の仏塔、カラフルなタルチョー(祈祷旗)が良い感じ。鳩多いけど、良い感じ!

スワヤンブナートはネパール最古のチベット仏教寺院と言われています。世界遺産「カトマンズ渓谷」の一部で、観光客だけでなく修行僧や地元の人が多く訪れていますよ。

▼仏塔の周りを「マニ車」と言われる仏具が取り囲みます。手でガラガラしながら歩くと、お経を読んでいることになるそうです。

▼寺院周辺にはお土産屋もたくさん。すげぇ高い値段をふっかけてくるので交渉必須!

▼あ、これ欲しいかも!買わないけど!

▼お土産やさんだけでなく、カフェもありました!ここで一休みするのもアリですね。

そして、スワヤンブナートといえば、何と言ってもカトマンズを見下ろす絶景です。

f:id:omosiroxyz:20170803142049j:plain

うーん、これは良い!

階段で登っただけの高さのわりに、街全体が一望できてとっても綺麗です。カトマンズって結構密集してるんだなぁ。

雲がなかなか多かったけれど、風が気持ち良くてで気分がスッキリしました。

さて、帰り道です。

▼帰りは、登ってきた道の反対側にある道が安全で下りやすかったです。景色も良い!

▼裏口から出られます。この辺りでタクシーを拾って帰りましょう。タメル地区へは150〜200ルピーくらいが相場です(僕は最初、400ルピーでふっかけられました)。

スワヤンブナートの感想

スワヤンブナートは行く価値ありでした!

入場料はリーズナブルだし、大きな仏塔もカトマンズを見下ろす景色も素敵です。

ただアクセスが少し大変で日陰が少ないので、体力との相談は必須かもしれません。水筒は絶対に持ち歩いておきましょう〜。

明日はボナタートに行ってみます!

▼カトマンズの宿はこちらで検索・比較!