読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

イケダハヤト氏の批判に対する、LIG社長ゴウさんの対応が素晴らしすぎる

ブログ運営法

スポンサーリンク

 

昨日僕の中でちょっとした事件がありました。
その一部始終を今日は紹介したいと思います。

 

イケダハヤト氏がLIGブログを痛烈批判

イケダハヤト氏が自身のブログ「まだ東京で消耗しているの?」で、
オウンドメディア日本一として名高い株式会社LIGの「LIGブログ」を、

けちょんけちょんに批判しているんです。

  

www.ikedahayato.com

 

以下イケダハヤト氏の記事より引用 

f:id:omosiroxyz:20151230151333p:plain

イケダハヤトさんはわりと頻繁に多方面にきつい事を言っているので、
いつも話題になるのですが、今回も日本最大のメディアを批判する度胸の持ち主。 

これを見た瞬間、僕は口がふさがりませんでしたね。

僕はLIGブログもいつも読んでいて、
面白い記事の書き方とか頑張って研究していたので悲しい気持ちになりました。 

 

批判に対するLIG社長ゴウさんの対応

対して、LIG社長のゴウさんがすかさずアンサー記事を投稿しました。

f:id:omosiroxyz:20151230151423p:plain

liginc.co.jp

やはり人間批判されたり、悪口言われたときって、
どうしても「ふざけんなよ!」と反論したくなっちゃうじゃないですか。

だけどLIG社長ゴウさんの対応、
冒頭が「ありがとう」という画像で始まっているあたりもそうですが、

大人の対応で素晴らしいんです。

以下、LIGブログより引用

f:id:omosiroxyz:20151230151346p:plain

記事の内容を簡単に要約すると、

LIGブログには個人ブログとは一味違った目的があります。
だけれどもチャレンジ精神が無くなっているのも確かで、
そこを指摘していただいたことに本当に感謝しています。
これからも変化を恐れず頑張ります……。

といった内容だろう。 

 

LIG社長ゴウさんに学ぶ批判への対応

ゴウさんの対応、ものすごく大人だなと思いました。

人は誰でも悪口や批判を浴びる事はあると思うので、
大事だなぁと思ったことをまとめておこうと思います。 

 

①素直に受け止める 

すぐに反論したくなる気持ちもあるでしょうが、
まずは素直に批判を受け止めること。

批判と言うのは逆を取れば、
自分の気付かなかったことを教えてくれるアドバイスとも取れます。

まずは冷静に受け止めることが大事だなと思いました。

 

②批判をチャンスに変えてしまう 

LIGのゴウさんはイケダハヤト氏に反論するのではなく、
LIGブログの原点を見つめ直して、再出発とも言える宣言をしました。

LIGブログのファン(僕を含めて)は、これからのLIGブログに期待だな!
誰もがそう思ったはずです。LIGブログへの愛が深まったはずです。

批判をチャンスに変えられれば、長く愛されることができるのでしょう。

  

③何よりも感謝の気持ち

前述のとおり、批判はチャンスに変えられる。
素直に受け止めれば、心強いアドバイスとも取れる。

記事後半でLIG社長のゴウさんはイケダハヤト氏に対して、
「どんだけLIGのこと好きでいてくれてるのよ」
とつぶやいています。

感謝どころか、ここまで褒められたら批判した方も嬉しくなっちゃいます。

 

最後に

以上、イケダハヤトさんの批判に対する、
LIG社長ゴウさんの対応の素晴らしさをまとめてみました。

 

僕のブログもなかなか趣味だとか、アマチュアだとか、学生だとか、
言い訳できないレベルにアクセスが増えてきました。

アクセスが増えると必然的に僕のブログを見るのが、
「ファン」だとか「友達」だけじゃなくなってきています。

見てるところ、見てないところでなかなかきつい事いわれたりもします。

素直に受け止める。批判をチャンスに変える.
そして、なによりも感謝する。

 

この精神はいつまでも大事にしようと思いました。

ちぇけ