読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

漫画「キングダム」が面白い!!その魅力をわかりやすくまとめる

おすすめ本,漫画

スポンサーリンク

4月から見知らぬ街に引っ越してきて、顔見知りのいない僕。

休みの日は専ら本を読んだり、ブログを書いたりして過ごしています。そんな僕の唯一の友達はTSUTAYAだったりします。寂しいですね。

それで最近、前々から気になっていた漫画をごそっとレンタルして読み漁っていました。漫画「キングダム」です。

アメトークで「キングダム芸人」が特集されるなど、かなり話題になっている漫画ですね。今回はキングダムについて熱く語っていきます。

僕がキングダムに興味を持ったきっかけ

キングダムを初めて知ったのは大学時代。先輩の部屋に並べられていた様子を見て、存在自体は知っていました。ずらーっと並んでいたけれど「キングダム?なにそれ?」って感じでした。

時は過ぎて…それは僕が社会人になり、美容室に髪を切りに行った日のことでした。

その日は店内がバタバタしてて、自分の順番が全然回ってきません。仕方なく、待合室の棚に並んでいた漫画を読みます。それがキングダムです。

その美容室ではけっこう待たされちゃって、キングダムを3巻まで読み進めちゃいました。そして思いました。

f:id:omosiroxyz:20160626150042p:plain

出典:http://showa-cho.com/

なにこれ面白いんですけどwwww

そのあと「お待たせしました~」って言われましたけど、「あ、もうちょっとお待ちしたいです」と言いかけました。ささっと髪を切ってもらってTSUTAYAに直行。どばーっとまとめレンタルします。

案の定、はまってしまい、その後1カ月かけて全42巻(2016年6月時点)を読み終えたわけです。

 

キングダムのストーリーのあらすじは?

キングダムは紀元前の中国が舞台の漫画。歴史上初めて中華を統一した「秦の始皇帝」を中心にストーリーが展開されていきます。ちなみに主人公は始皇帝ではなくて、秦の始皇帝の右腕?親友?です。

時は紀元前——。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

出典:Amazon.co.jp: キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 電子書籍: 原泰久: Kindleストア

始皇帝が若年王として王位に就いた少年時代からストーリーは進みます。歴史的に考えて、始皇帝率いる秦国は勝ちまくって中華を統一するのは決まっているわけですが、他国との戦いっぷりに毎回ハラハラどきどきするわけです。

あれですね、この感じは古畑任三郎に似てます。既に結果(秦が勝つ)はネタバレしてるけど、そこまでのプロセスを楽しませる…的なね。

 

キングダムの面白さ、魅力は何?

最近話題になっているキングダムですから、さらーっと読んだ人は意外といるんじゃないかなと思います。

でも、さらーっと読むだけだと、戦争しまくって首が飛びまくる…なんだかグロテスクな漫画に見えちゃうと思うんですよね。実際のところ、なかなか描写は過激です。目ん玉飛びてたり、首飛んだり、刃が鼻に刺さったりめちゃめちゃです。

しかーし、キングダムは読めば読むほど、魅力が滲み出るすごい漫画なのだ!以下、キングダムが面白いポイントをまとめていきますよ!

 

①主人公が下僕から成り上がる様が気持ちいい!

主人公の「信」は戦災孤児でめちゃくちゃ貧しい田舎の下僕でした。それでも同じ下僕の親友と訓練しまくって、努力しまくって、武を磨いていくんです。

f:id:omosiroxyz:20160626152031j:plain

出典:キングダム信のモデルは李信?嫁は羌瘣?河了貂?龐煖との決着は? | キングダム〜中華統一への道〜

戦場に参加し始めてからは、とんでもない劣勢な戦いを乗り越えながら、確かな武功を上げていきます。最初はただの歩兵…どころか下僕でしかなかった少年が最新の42巻では将軍の一段階手前の「5000人将」まで登りつめているんです。

この感じはワンピースのルフィに似てたりします。最初はただのゴム野郎だったのに今は何億ベリーとかの賞金首ですからね、彼も。

 

もうとにかく田舎者が成り上がっていく様が気持ちいい。

大切なのは生まれの良さじゃなくて、努力と覚悟なんだなーってことが身に染みます。

 

②始皇帝の壮大なビジョンに感心せざるを得ない

物語の中心にいるのは後に秦の始皇帝となる政くんです(ダブル主人公っていう立ち位置なのかな)。

彼は最前線で戦ったりすることはあまりないのですが、「中華を統一する」というめちゃくちゃでかいビジョンを熱く語る様が素敵なんですよね。

f:id:omosiroxyz:20160626152822j:plain

出典:嬴政(えいせい) : 最高におもしろいアニメ!キングダム2 イケメンBEST10♡ - NAVER まとめ

中華の統一がどれくらい無理難題なのか…。想像することもできませんけど、歴史上誰も達成できなかったことなので当時は「は?ふざけんなよwww」みたいな感じだったんでしょうね。

政くんは多くの権力者に笑われながらも、数えきれない兵の死を目の当たりにしながらも、国を率いて壮大なビジョンの実現を目指していきます。

 

キングダムを読んでいると、目標があるのって大事だなーって思います。

僕は日本を統一!みたいなビジョンはないですけど、政くんみたいな一生をかけて、命をかけて、達成したい目標が欲しいな~って思いふけっちゃいます。半端じゃない覚悟が必要なんでしょうけどね。

 

③どんなに劣勢でも攻め込むのがすごい

キングダムに持つ感想はひとそれぞれですが、僕が一番感動するのはこの部分。どのキャラも、やたらめったら敵陣に突っ込むんですよね。

f:id:omosiroxyz:20160626154403j:plain

出典:キングダム 42 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

何万の軍に百人とかで奇襲したり、敵陣に1人で忍び込んだり…。敵が自軍の倍以上いるのに「突入じゃ~」みたいになったり…とにかくすごい。

うわぁ…危ない!危ないよ!って思っちゃいます。僕はもちろん殺し合いしたことないので実際の気持ちはわかりませんけど、敵軍にどばーっと突っ込んでいく姿には感心するしかありません。怖くないの!?って読みながら思います。

 

キングダムを読んでいると、自分はこんなに命懸けになった経験あるかなーって考えます。もちろん無いんですけどね。

命懸けで突っ込んでいく人が武功をあげる…というのは現代でも変わっていないことなんじゃないかなー。どんなことでも守りに入ってしまっては良くない。命懸けで敵陣に突っ込んでいかなきゃ得るものも得られないですからね。死ぬかもしれないですけど。

 

読み始めたら止まらなく漫画!

キングダムはとっても中毒性のある漫画です。

最初は10巻までだけ…とTSUTAYAでレンタルしてきた僕ですが、気付いたら次の10巻分。またまた次の10巻。気付けば、42巻は本屋さんで購入しちゃいましたから。

というのも、強敵を倒しても、次の強敵が現れる。次の戦いも気になってきちゃうからレンタルが止まらない…というスパイラルがあるんです。「ナルトかよ」って感じで強敵が次々に現れるんです。

 

42巻も続いている漫画なので、今から買うとなると少し難易度が高いですね…。僕はTSUTAYAでレンタルしましたが、「漫画は買う派!」という人は電子書籍で読むのがおすすめですよ!

漫画本の定価が555円のところ、電子書籍は55円割引される上に100円分のAmazonのポイントが入ります。

つまり、実質400円(28%割引)で買えちゃいます。

やったね。kindleデビューしたい人は僕も使ってる手ごろなKindle Paperwhiteがおすすめですよ~。

10月27日追記:スマホゲームもやってます!

キングダムのがスマホゲームもいつも楽しませてもらってます!

f:id:omosiroxyz:20161027214330p:plain

引用:https://www.appadseek.net/webcontents/review/11699/5ced7eb08/6302