面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

漫画「キングダム」が面白い!!その魅力をわかりやすくまとめる


スポンサーリンク

ちゃお!漫画大好きテツヤマモトです。

最近、以前から気になってた漫画をごそっと購入しました。そんな中で読み漁った『キングダム』がやたら面白かったので紹介します。

キングダムは昨今、作者の原さんが情熱大陸で紹介されたり、アメトークで、キングダム芸人特集があったりと、話題になっていますね!

僕も数冊読んだら、ハマりにハマって最新刊まで大人買いしちゃいました。この記事では、キングダムの魅力をまとめます。

 

 

キングダムに興味を持つきっかけ

キングダムを知ったのは、大学時代でした。

先輩の部屋に並んでいたんですけど、「キングダム?知らないなぁ」ってスルーしちゃってました。あぁ、今思うともったい無い。

時は過ぎて社会人になり、美容室に髪を切りに行った日のことです。

自分の順番がなかなか来なくて、棚に並んでいた漫画を手に取ります。キングダムでした。

f:id:omosiroxyz:20160626150042p:plain

出典:http://showa-cho.com/

その瞬間、世界観に引き込まれました。

美容師さんにカットもらう間もずっと読んでました。切り終わって自宅に帰ったら、すぐにアマゾンをぽちぽち。

その後、1カ月かけて全45巻(2017年4月時点)を読み進めたんです。

 

キングダムのあらすじは?

キングダムの舞台は、紀元前の中国。史上初の中華統一を成し遂げた「秦の始皇帝」を中心にストーリーが展開されます。主人公は、始皇帝の親友になります。

▼amazonより1巻のあらすじを引用。

時は紀元前——。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

出典:Amazon.co.jp: キングダム 1

ストーリーは、始皇帝が若年王として王位に就いた、少年時代から始まります。大小様々に、命をかけて戦争を進める様子に、終始ハラハラドキドキさせられるわけです。

史実がモデルなので、漫画の結末(秦が中華統一)はネタバレしてるわけですけど、プロセスがとてもドラマチックに描かれてるんです。

 

▼作者原さんの情熱大陸での特集!

 

キングダムの面白さ・魅力は?

キングダムをさらっと読んだだけの人は、戦争で首と飛びまくるグロ漫画に見えちゃうかもしれません汗。実際、描写はかなり過激です。

しかーし、キングダムは読み進めるほどに魅力が滲み出る漫画です。以下、僕が感じるキングダムの面白さ・魅力をまとめます!

 

①信の成り上がりっぷりが爽快!

主人公の「信」は、戦災孤児の貧しい田舎の下僕です。そんな境遇に負けず、訓練・努力を重ねて、実力をつけていくんです。

f:id:omosiroxyz:20160626152031j:plain

出典:キングダム〜中華統一への道〜

秦国軍に参戦し始めてからは、とんでもなく劣勢な戦況を乗り越えながら、着実に結果を積み重ねていきます。

初めは、1人の歩兵・下僕でしかなかった少年が、やがて42巻時点では将軍手前の「5000人将」まで出世しているんです。

読者は、生まれ育ち関係なく、成り上がる様子に感情移入します。王道の少年漫画だなぁ。ルフィもナルトも最初はへっぽこですからね。

 

②始皇帝の壮大なビジョンに感心!

信と共に物語の中心にいるのが、後に秦の始皇帝となるです。

最前線で戦う機会は少ないですが、「中華統一」という大きなビジョンを掲げて一国を率います。若いのにかっこよすぎ。

f:id:omosiroxyz:20160626152822j:plain

出典:嬴政(えいせい)

中華統一がどれだけ難しいのか想像できませんけど、誰も達成できなかったので、当時は「は?」って言われまくったんでしょうね…。

政は多くの権力者に笑われながら、大勢の兵の死を目の当たりにしながら、国を率いて壮大なビジョンに着実に近づきます。

政を見ていると、目標の大切さを感じます。日本統一!するわけじゃないけど、僕も一生をかけて達成したい目標が欲しいな~。

 

③敵陣に攻め込む様子に感激!

キングダムに持つ感想はそれぞれですが、僕が一番感動するのはこれ。どのキャラも、やたらめったら敵陣に突っ込むんです。

f:id:omosiroxyz:20160626154403j:plain

出典:キングダム 42 

何万の軍に百人で奇襲したり、敵陣に1人で忍び込んだり、やたらめったら「突入!」って叫んでみたり…とにかくすごい。

「うわぁ…危ないよ!」って毎回ハラハラドキドキ。同時に「自分はここまで何かに命懸けになれるかなぁ」って考えさせられます。

リスク承知で突っ込む人が結果を出すのは、現代でも変わらないことです。時に、命懸けで敵陣に突っ込む大切さを感じ取れます。

 

読み始めたら止まらなく漫画!

キングダムは、とても中毒性がある漫画です。

最初は10巻までと思ってたんですけど、気付いたら次の10巻分、また次の10巻…。気付けば、最新刊まで読み終えちゃいました。

強敵を倒しても、次の強敵が現れる。続々と個性的なキャラクターが現れる。

次の戦いが気になって止まらなくなります。命をかけて、国を挙げて戦う様子から、僕たちは学ぶものがあるはずです。

 

 

▼他にも好きな漫画を紹介しています!

王道でマイナー?漫画「灼熱カバディ」が面白くてオススメ!
金色のガッシュ!!のウマゴンの"最後"ほど泣ける漫画はない。
無料で読めるWEB漫画!『ファイヤパンチ』があまりにも衝撃的だった。