読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

ブログと投資で生きてる23歳 / 小説家志望 / 一人旅 / 読書 / カメラ / 北海道出身 / 北大経済卒 / 2月は東南アジア旅してきます。

上砂川特産!ニジマスの燻製づくりを体験取材しました。

観光情報(北海道)

スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20161121204038j:plain

2016-12-18 更新

皆さん、こんニジマス。テツヤマモトです。

上砂川町に滞在して取材を進めている僕ですが、本日は上砂川町特産のニジマスの燻製づくりを体験取材させていただきました。

とってもおいしいニジマス燻製は、どのようにして作られているのでしょうか?

 

上砂川町の特産「虹鱒燻製」

f:id:omosiroxyz:20161121204648j:plain

上砂川町の特産物の1つが「虹鱒燻製」です。

上砂川町では水質調査を目的に、浄水場でニジマスが飼育されています。すいすい泳ぐだけのニジマスを見て、その活用法を導き出したのは、上砂川岳温泉の職員さん。

「浄水場のニジマス、レストランで出せないかな?」

そうして、温泉内のレストランでニジマスを提供すると、思いのほか好評。今では燻製にして、お土産としても販売されているんです。

f:id:omosiroxyz:20161121205906j:plain

(写真/上砂川岳温泉「パンケの湯」で食べられる「そらんち定食(750円)」)

現在は、温泉職員のエチゼンさん、地域おこし協力隊員のオイカワくんが中心となって、燻製づくりが行われています。

2人とも休憩時間なのにも関わらず、上砂川町の将来について熱く討論していて、人間性がとても高いです(好感度上がれー)。

f:id:omosiroxyz:20161121210310j:plain

 

ここから、燻製づくり体験取材の様子です。

①ニジマスを捕獲!

f:id:omosiroxyz:20161121211129j:plain

まずは上砂川浄水場でニジマスを捕獲します。

早速作業着に着替えまして、いけすの中でスイ~って泳いでるニジマスを、大きな網でがばーっと捕まえます。

f:id:omosiroxyz:20161121211519j:plain

「さすがに一発では無理かな~」と思ってたんですけど、簡単に捕まりました。金魚すくいと違って、穴が開かないから楽勝です。

捕まえたニジマスは、選別して大きいものをカゴの中へ。ヌルヌルしてる上に、かなり暴れますけど、上手くキャッチします。

f:id:omosiroxyz:20161121211521j:plain

こちらの写真は上が僕で、下がニジマスです。

眼が離れてて魚顔ですけど、僕はニジマスではないです。

これ大事です。

f:id:omosiroxyz:20161121211524j:plain

さて、ニジマスがたくさん捕まりました。

このぴちぴちに動いてるニジマスを後でさばくとなると、少し心が痛みます…。

 

②ニジマスにエサやり

f:id:omosiroxyz:20161121212914j:plain

ニジマスを捕まえたあとは、エサやりをします。屋外の大きな池にいる、産卵用のニジマスにエサをあげましょう。

f:id:omosiroxyz:20161121212928j:plain

エサをあげる場所に立つと、大きなニジマスがたくさん集まってきます。

そいつら目がけて、エサを…ひょいっ!

エサを投げ入れた瞬間に、ばしゃばしゃーと池の中で戦争が起きて、すぐにエサが無くなります。生きるって大変だねぇ。

f:id:omosiroxyz:20161121212624j:plain

写真はエサを投げる僕。撮影を頼んだオイカワくんのセンスが光る1枚です。

「失恋のショックから立ち直れない僕を、唯一慰めてくれたのはニジマスだった」というタイトルを付けたいところです。

 

③ニジマスのウロコ落とし

f:id:omosiroxyz:20161121212638j:plain

さて、浄水場から引き上げてきました。ここからが本番です。

まずはニジマスのウロコを落とします。銀だわしでがしゃがしゃと磨いくんです。

ウロコを落とさないと、燻煙が上手くニジマスに浸透していかないんだそうです。

f:id:omosiroxyz:20161121212632j:plain

磨いている途中、ニジマスの尾びれのあたりから茶色いものが出てきたんですけど、

「これなに?」

ってオイカワくんに訊いたら、

「う〇こです。」

って言われました。

 

魚は磨くとう〇こが出る。

これはテストに出ますね。受験生要チェック。

 

④ニジマスさばき

f:id:omosiroxyz:20161121212645j:plain

頭を落として内臓を取り出す、グロテスクな場面はカットしまして、ここからは包丁を握って作業します。

エチゼンさんがニジマスを三枚に下ろしてくれるので、僕ははらすの「腹骨の部分」を薄くそぎ取っていきます。

ちなみにそぎ取った腹骨の部分は「醤油」に活用されるそうです。無駄な部分を作らない。もったいないの精神は日本人の心ですね。

f:id:omosiroxyz:20161121212657j:plain

この作業もわりとスムーズにこなせました。

「あれ?ヤマモトって魚さばくセンスあるんじゃない?寿司職人になろうかな~。」

って調子に乗ってたんですけど、

f:id:omosiroxyz:20161121212710j:plain

エチゼンさんが心配そうに僕を見張っていました。

ヤマモトは普段魚をさわらなければ、料理もまともにしないのでとても危なっかしく見えたことでしょう。上手いと思っていたのは僕だけだったようですね。

 

本日の作業がここまで!

本日の工程はここまで。このあとは塩漬け、乾燥を経て、燻製作業に取りかかります。

ニジマス燻製づくり後編は後日取材予定!

対応してくれたエチゼンさんとオイカワくん、ありがとうございました!

 

それでは記事の締めくくりとして、「休憩中に体幹トレーニングを行うストイックなオイカワくん」をご紹介させて頂きます。

f:id:omosiroxyz:20161121212708j:plain

オイカワくんに幸あれ。

 

追記:燻製づくりその後

燻製づくりの続きです。

魚をさばいたあとは、ニジマスの塩を抜いたり、乾燥させたりします(ここは取材できず)。エチゼンさん曰く、「燻製は乾燥が肝心」らしいです。

 

そこからついに、燻製していく作業です。

このでっかい機械にニジマスを投入して、燻していきます。チップはサクラを使います。

ニジマスを吊るしたり、取ったりする作業が地味に大変です。

4~5時間ほど、燻すと色がついて、おいしそうになります。

このままだと水分がまだ残っていて、ぷにぷにしているので、さらに乾燥させて完成です。

 

その場で、できたて燻製をいただきました。

めちゃんこうまい!

あー酒飲みたい。本物の酒のサカナですね。

上砂川産のニジマス燻製は「パンケの湯」や、町内のイベント等で楽しめます!

うまいですよ!

ぜひ、ご賞味あれ!

 

北海道上砂川町編 カテゴリーの記事一覧