読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

上砂川町での最初の試練は、3年半ぶりのマニュアル車運転だった。

北海道上砂川町編

スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20161119200719j:plain

上砂川町に滞在中のテツヤマモトです。

意気揚々と上砂川町にやってきたのは良いものの、僕は1つ問題を抱えていました。

僕、車持ってないんです。

田舎で車がないのは大問題。上砂川町は鉄道が無ければ、バスも1時間に1本程度。家から最寄りのコンビニは2キロ離れています。

見かねた僕を助けてくれたのは商工会議所青年部の方々でした…。

 

初日の「山本歓迎会」での一幕

f:id:omosiroxyz:20161116214111j:plain

山本歓迎会(上砂川に滞在し始めた山本を歓迎)では、商工会議所青年部、町役場、かみすな移住部の方々に集まっていただいて、楽しく飲み食いをしておりました。

その中でこんな場面があったんですね。

 

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

ところでヤマモト君は車あるんだよね?

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

ないですよ!主に徒歩で頑張ります!

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

いやいやいや…。あのね、ヤマモト君…。

 

f:id:omosiroxyz:20161119193250p:plain

この町、車無いとどこにも行けないからね!?!?!?

 

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

ひ、ひぃ…!

 

そこから商工会議所の方々がそわそわし始め、なにやら臨時会議が開かれていました。

「おいおい、車持ってないんだってよ。」「それじゃ何もできないじゃないか!」「どうするよどうするよ。」みたいな…。恐縮です。

 

しばらくすると、話がまとまったようで。

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

ヤマモト君、車の事なんだけどね。

1カ月間、車を貸し出すよ!

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

え?借りていいんですか?

 

どうやら、商工会議所の方の使っていない車があるらしく、それを山本専用に1カ月貸し出してくれるというのです。

町内での足に困っていた僕にとって、こんなに嬉しいことはありません。

 

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

あ、ありがとうございます!

 

車を借りに行く

かくして僕は1カ月間、車を使えることに。後日早速、貸し手のYさんを訪ねました。

 

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

おつかれおつかれー。上砂川はどう?

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

はいっ!とても快適に過ごしています!

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

おー良かった良かった~。

えーと、これが貸す車ね!

f:id:omosiroxyz:20161119194536j:plain

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

わっ、すごく良い車!!本当にありがとうございます!!

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

まぁ特に問題はないはずだから、思い切り使ってねー。それじゃ早速運転してみて!

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

はい、じゃぁ早速運転しま……

あれ、この車……。

f:id:omosiroxyz:20161119195054j:plain

f:id:omosiroxyz:20161119194558j:plain

マ、マニュアル車じゃないですか!

 

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

うん。え、免許持ってるよね?

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

は、はい。免許は持ってるんですけど…。

f:id:omosiroxyz:20161119195347j:plain

自動車学校以来、運転してないです…。

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

まぁ…大丈夫でしょ。よろしくねっ!

 

かくして僕は自動車学校以来のマニュアル車運転に挑戦することになりました。

危険な香りを察知してくれたのか、助手席に商工会議所青年部のTさん(とてもエライ人)に乗ってもらい、僕は家まで帰ることに。

 

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

(怖いし、エライ人乗せてるし緊張するよー)

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

じゃ、発進しようか。

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

は、はいっっ!!いきます!!

 

≪ぶおぉぉーーん!!(アクセルの音)≫

 

f:id:omosiroxyz:20161119211408g:plain

ちょちょ、ヤマモト君!クラッチあげるのが早いよっ!

f:id:omosiroxyz:20161119211911g:plain

 す、すみませぇぇぇん!!!!

 

クラッチの扱いが久しぶりすぎて、発進もままなりません。それでもTさんのアドバイスを頼りになんとか僕は車を運転し始めます。

f:id:omosiroxyz:20161119194559j:plain

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

はい、ここでセカンド!サード!クラッチ踏んで!!

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

は、はいっ!!

 

エンジンをブオンブオン言わせながらも、少しずつ家が近付いてきました。

しかし油断すると、ギアを入れ間違えて、車をガッタンガッタンさせてしまいます。

 

f:id:omosiroxyz:20161119211408g:plain

ちょちょ、ちょっと!ヤマモト君!!ギア変えて!!

f:id:omosiroxyz:20161119211911g:plain

は、はいっっ!!でででも、どどどどうすれば!!

 

こんなことを何度も繰り返して、僕とTさんはなんとか家に辿り着きました。

交差点の前でエンストを起こしたときは、心臓が止まるかと思いましたね。

 

f:id:omosiroxyz:20161119192541p:plain

ま、まぁ…。慣れるから大丈夫かな…。

でも、夜中に特訓してね!(強い眼力で)

f:id:omosiroxyz:20161119192841j:plain

は、はい!ご指導ありがとうございました!

 

車を僕に1カ月間、貸し出してくれた青年部のYさん。僕の危なっかしい運転をアシストしてくれたTさん。早くも上砂川の方々にお世話になってしまい、大変恐縮です。

僕は今現在、エンストの恐怖に怯えながら、猛烈に運転の練習をしています。

…って、うわあああ!!!

f:id:omosiroxyz:20161119212455g:plain

またエンストしちゃった…。

 

マニュアルの免許を取ったは良いものの、免許取得以来、全く運転していない若者に僕はメッセージを伝えたいです。

なんだかんだ乗る機会あるから、練習しといたほうがいいよ!