面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

モバイルハウスで北海道を変える!!若き社会起業家の「家」を訪ねた。


スポンサーリンク

ちぇけらっちょ、テツヤマモト(写真左)です。

先日、大学の先輩(写真右)に「ニセコの家に遊びに来ない?」って言われました。

ニセコといえば、羊蹄山やパウダースノーで知られる北海道随一のリゾート地です。「やったー!行きマッス!」と伝えて、僕は札幌からニセコに向かいました。

長旅の末、先輩の「家」に到着。「ここだよ〜」と教えてもらったんですけど…

ん、ちょっと待て。

f:id:omosiroxyz:20170322190720j:plain

家ってこれっすか!?

 

ニセコにある先輩の家へ。

待て待て、少し冷静になります。

今日は「ニセコの家に遊びにおいで」と先輩に誘われて、車でニセコに向かいました。

f:id:omosiroxyz:20170322183419j:plain

助手席にいるのが、先輩の岩本さん(酒豪)。運転手はその相方の中村さん(お酒一滴も飲めない)。2人は良くわかんないけど会社を経営しているらしい。へぇーすごいなー。

後ろにいるのはヤマモトと本日のゲストさん。いつも「家」にお客さんを呼んで、パーティーしてるらしい。すごい家なんだろうなぁ。

久しぶりのニセコ、しかも夜はBBQするってことで、ヤマモトのワクワクはMAXです。

 

▼途中で立ち寄ったスーパーから見た羊蹄山がまた綺麗。ニセコ、サイッコーー!

 

それでですよ。いざ、到着したんですよ。

岩本さん:「はい、ここだよー。」

ヤマモト:「わー良いとこ住んでますねー」

 

ってなんじゃこりゃ! 

「ニセコに家がある」って言うから、ペンションとかログハウスとかをイメージしてたら、予想外すぎるパターンでした…。

そして、この「モバイルハウス」こそが、先輩の会社のメイン事業だったんです…。

 

モバイルハウスって!?

まさかのサプライズだったんですけど、早速BBQが始まって、落ち着く暇もありません。しかし、なぜ雪の上でBBQするのか…。

気を取り直して、お話を聞きました。

岩本さん(彼女いる)と中村さん(彼女いる)が経営する会社「Country Works」では、モバイルハウスの運営事業を行なっています。

モバイルハウスはその名の通り「運べる家」。2人の場合は、海上コンテナが元になっていて、室内は9畳弱。リビング・寝室・キッチン・トイレが設置されています。

 

▼真冬にも関わらず、モバイルハウス作りを進めてきた2人。なぜ冬にやるのだろうか。

f:id:omosiroxyz:20170322191453j:plain

室内は木を中心に、シンプルに作られていてオシャレさん。断熱材が入っているので、冬でもポカポカ、電気も通ってます。

 

▼キッチンで料理もできる…

f:id:omosiroxyz:20170322191950j:plain

▼リビングスペースでは皆で団欒できます。時にはこんな大人数でパーティも…。

f:id:omosiroxyz:20170325120118j:plain

現在は、今後宿泊・滞在してもらうための実験として、男2人で住んでいるそうです。

ちなみに、2人はそういう関係ではないです。

 

なぜにモバイルハウス!? 

気になるのは「なんでモバイルハウスを作ったの!?」ってことですよね。

BBQが終わった後、リビングスペースでお酒飲みながらお話を聞いていたら、背景には壮大なビジョンがあったんです。

f:id:omosiroxyz:20170322192946p:plain

代表の岩本さんは大学時代に、道内の「農業の働き手不足」の現状を目の当たりにします。その主な原因が「家」の問題なんです。

農業は、繁忙期となる夏に人手が不足しますが、雪が積もる冬はお休みです。なので家を整備しても、冬は空き家になっちゃうんです。

そこでひらめいたのが、モバイルハウスです。

モバイルハウスなら、季節に合わせて、仕事のある地域に家ごと引越せる。夏は余市町の農業、冬はニセコ町で観光業というように…。

将来的には、数十のモバイルハウスを連ねて「街」ごと移動するのを目指してるんだって。

いやー画期的なアイデアだなぁ。

 

クラウドファウンディング中!

だがしかーし!!

スーパースタートアップ起業につき、まだまだ資金が足りません。モバイルハウスを増やすことはもちろん、移設費用、保険料、土地利用料等、初期費用が多々かかるんです。

実際、2人はアルバイトをしながら資金を貯めている段階なんですね。うー泣ける。

 

そこでCountry Worksは、クラウドファウンディングでの資金調達に挑戦しています!

f:id:omosiroxyz:20170322195040p:plain

すでに目標を達成しているものの、今後の活動のために、さらなる支援が必要です。

夜中になってもキラキラした目で夢を語る岩本さん(スキー場でバイト)と、中村さん(ホテルでバイト)を見ていると、なんだか僕もやる気が湧いてきて、勢い余って支援しました!

f:id:omosiroxyz:20170322211726p:plain

未だかつて誰もやり遂げていない挑戦。

若者のアイデアで北海道が変わっていったら素敵だな〜。ぜひ思い切り活動してほしい。

道産子ヤマモトは応援しております!

 

おまけ

岩本さんが朝ごはんに作ってくれた、バナナのヨーグルトかけたやつ美味かった…。

 

▼北海道はゲストハウスも面白いよ!

▼僕もいつか道北を盛り上げたいぞ!