読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

僕のファーストキスのシチュエーションを具体的に説明する。

おもしろ おもしろ伝統入り プロフィール

スポンサーリンク

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。

昨日は2月14日、バレンタインデーだったんですね。

バレンタインデーと言えば、僕はこの時期、いつも思い出してしまう事があるんです。

それは僕のファーストキスのお話。

ファーストキスってとってもピュアできゅんきゅんでドキドキ!!じゃないですか、普通。

でも僕のファーストキスの話はどこで話しても同情してもらえるレベルの悲惨さなんですよね…。

僕のファーストキスは小学校2年生

まず単刀直入に申し上げさせていただくと、

僕のファーストキスは小学校2年生のときでした。

ファーストキスの平均年齢ってだいたい高校3年生(17,18歳)くらいらしいので、8歳で済ませてしまった僕はなんなんでしょう。

圧倒的にファーストキスの平均年齢を引き上げてしまったことに大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。日本のみなさんごめんなさい。

でも、冒頭でも申し上げた通り、僕のファーストキスはドキドキでわくわくでうきうきでぴゅあぴゅあではないんですよね。これがとっても悲しい話なのです。

 

体育館で遊んでいた僕

僕は地元の小さな小学校に通っていました。小学校2年生の頃は、まだ野球少年団にも入っていなかったので本当に何も考えずに遊びまくっていました。

ポケモンと遊戯王あたりが好きだった様な気がします。ちなみにその頃から外で遊ぶよりも家の中にいる方が好きなインドアな人間でした。

 

ある日、僕は男の子のお友達と元気に体育館で遊んでいたんです。

休み時間は専ら体育館に行きますよね。元気に鬼ごっことかしていました。

すると、突然クラスの女の子達3人が近寄って来て、僕に声かけてきたんですね。

f:id:omosiroxyz:20160215132326p:plain

「てつくん、ちょっとこっちきて!」

僕は楽しく鬼ごっこをしていたのに、なぜか中断せざるを得なくなったんです。

そのときに8歳ながらに「何か嫌な予感がするな~」と思いました。でも、それと同時に「これ体育館に裏とかに呼ばれて告白されるやつや!」って思いました。

そのあとの惨事も知らずに。

 

教室に入れられる

僕はクラスの女の子達に連れられて、教室に入りました。

休み時間は全員が体育館やらお外やらに遊びに行っているので教室の中には誰もいません。

f:id:omosiroxyz:20160215132326p:plain

「ここにすわって!」

f:id:omosiroxyz:20160215133208j:plain:う、うん…。わかったよ。

 

リーダーらしき女の子に言われ、僕は指示された椅子に座りました。

すると、次の瞬間!!!

女の子達はめちゃくちゃ素早く動き出しました。

ささささささっ!

そして…

f:id:omosiroxyz:20160215134230j:plain

僕は三方向を完璧に包囲されました。

 

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:えっ!?!?なになになに!?!?

そしてさらにですね、

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:ガシっ!!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:ガシガシっ!!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:ガシガシガシっ!!

 

f:id:omosiroxyz:20160215134230j:plain

女の子3人に力づくで椅子に押さえつけられました。

小学校2年生の時の僕は、まだスポーツもやっていなくて力なんて女の子と変わりません。イスに思い切り押さえつけられているので逃げられません。

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:ちょっ、まってまって。なにこれ。

 

忍び寄る影

僕が完璧にイスに押さえつけられると、女の子の1人が合図を送りました。

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:今だよ!チャンスだよ!!

するとですね、

f:id:omosiroxyz:20160215135220g:plain

教室に1人の女の子が入ってきました。

そしてゆっくりと拘束されている僕に近づいて来ます。

 

あ、そうか。この子は…去年もバレンタインのときチョコくれたなぁ。あーそっか、確か僕の事を好きみたいなことを言っていたような…。

え、それでこの状況ってまさか…。

ちょっとまって、近付いてきてる…。

うそでしょ…。

でもちょっとまって、心の準備が…。

ってか、押さえつけられてるし…、逃げれないし…。

 

…そんな中、女の子はどんどん僕に近付いてきます。

 

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:いっけー!今だー!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:いっちゃえーーー!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:やったれーいい!

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:ちょ、ええええええええええ!!!

 

なんだこれ。これってもしかしてそういうやつか。

でもなんかおかしくないか。

ドラマとかで見る、「それ」ってもっとロマンチックに…。

そういうやつなんじゃないのか。

 

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plainちょっとまってええええ!!

 

f:id:omosiroxyz:20160215134230j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plainやめてえええええええ

f:id:omosiroxyz:20160215135738j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:うわあああああああああああああああ

f:id:omosiroxyz:20160215135905j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:うわああああああああああああああああ

f:id:omosiroxyz:20160215140132j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215140139j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215140159j:plain

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:うわー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:omosiroxyz:20160215135220g:plain:ぶっちゅっ。

 

 

 

 

 

 

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain:………。

 

 

 

 

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:逃げろー!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:ひゅーひゅー!

f:id:omosiroxyz:20160215134701p:plain:いぇーい!!

 

f:id:omosiroxyz:20160215134515j:plain

これが僕のファーストキスです。

そりゃ、忘れることもできませんよね。

その後は小学2年生だし、特にお付合いとかそんなのもないし、気まずくなることもないし、ただの同級生でしかありませんでした。

僕は高校生になったあたりで「自分のファーストキスは悲惨すぎるんじゃないか?」ということに気付きました。それからスベらない話として至る所でこのエピソードを使わせて頂いております。

正直、どこで話してもこの話は基本ウケます。

本当にありがとうございました。

 

でも、ファーストキスというピュアでドキドキでわくわくなイベントは、みんなが青春している中高生時代に僕には訪れませんでした。

悲しいですね。

今後とも、僕のセカンド、サード、フォース、フィフスキスを奪ってくれる方は募集していますので、ご希望の方はお問い合わせからご連絡お願いします。

 

ちなみにファーストキスはイチゴ味とか言いますけど、僕の場合「水分!」って感じでした。

ちぇけ