日本人が酒ばっか飲んでる欧米人より稼げないのはどうして!?

スポンサーリンク
f:id:omosiroxyz:20170316164628j:plain

ぺろりんちょ、テツヤマモトです。

東南アジアを1ヶ月弱ぐるりと巡りまして、札幌に帰ってきました。久しぶりに故郷の空気を吸って感じたことは「寒い」です。

 

さて今回の旅は、どこも初めての国だったので、毎日刺激だらけでした。世界遺産も何箇所か巡ったし、地元グルメも食べました。

だけど、この旅で一番印象に残ったのは「欧米人の遊びっぷり」なんですよね。

 

東南アジアは欧米人だらけ。

僕は今回の旅で、バンコク(タイ)→シェムリアップ(カンボジア)→ホーチミン(ベトナム)→クアラルンプール(マレーシア)と、東南アジアの主要な都市を巡りました。

どの都市でも、格安宿街に滞在してたので、常に世界中の観光客に囲まれてました。

僕の住んでる札幌も国際観光都市だと思ってたんですけど、比べ物になりません。地元民以上に欧米人が多いような。

 

欧米人は酒ばっか飲んでる。

「欧米人」と一括りにしてしまうのは恐れ多いけど、それでも胸を張って言いたいのは、

彼らは酒ばっか飲んでる。

朝から朝まで飲んでる。とにかく飲んでる。

朝から飲んでる…。

夜でも飲んでる…。

大音量の音楽が流れるパブで酒を飲みまくる。ソーセージつまみまくる。開放感のある屋外席で騒ぎまくる。クラブで踊りまくる。

「ヘーイ、アーユーチャイニーズ?ヒャッハー!」と話しかけられる。違うと言うと、「ソーリー!ヒャッハー!」と飲む。

なにこれ。

 

ここまで書いていると、「欧米人は遊んでばっかな困ったやつらだ…」と思っちゃうけれど、本題はここからです。

それでも日本人より稼いでる。

困っちゃうのは、日本人ってこれだけ遊んでる欧米人よりも、稼げてないんですよね。

日本は国内総生産(GDP)でアメリカ・中国に次ぐ、世界3位の経済大国です。だけど、「一人当たりGDP」では、世界36位です。「財政危機でやばい!」と噂のギリシャより下です。

国全体では稼いでるけど、「一人一人はあんまり仕事できないよね」ってことです。

 

し・か・も!

日本は労働時間が長い国、サービス残業が当たり前の国としてお馴染みです。

つまり、「めちゃくちゃ頑張って働くのに、結局あんまり仕事できないよね。」

ってことです。切なすぎます。

 

日本人と欧米人の違いは何か?

旅の間、「どうしてこんなに仕事効率の差が生まれてしまうのだろう?仕事できないんだろう?」って考えてました。

結果、彼らをパブで観察したり、おしゃべりして感じたのは「遊びの重要性」の差です。

欧米人は、人生のメインテーマが「遊び」なんです。旅行するとか、酒飲むとか、クラブで踊るとか。

だから、一刻も早く仕事を切り上げて遊びたいし、なるべく長い時間遊んでたいし、「その時期は、遊ぶ予定あるんで仕事できないんですよー!!」って言っちゃうんです。

遊びのために人生を回すから、「少ない時間で効率的に稼ぐ」意識が強いんです。

 

仕事が中心すぎる日本人

対して日本人は、人生の中心を「仕事」においてます。DNAレベルで染み込んでます。

就活してたときによく聞きました。

「仕事は人生の大半の時間を占めるから、生活のためだけに働きたくないです!」

「仕事仲間とは家族より長いを過ごすので、何をするかより誰と働くかが大事です!」

良いこと言ってる気がするけど、冷静に考えると「仕事に大半を占められちゃう人生どうなの?家族より他人と過ごす時間が長い人生どうなの?」って感じます。

 

仕事に全力を注げる日本人はすげーです。

でも、人生のテーマを仕事に傾けすぎて、効率が悪くなってません?何のために働いてるのか、見失いがちじゃありません?

効率悪いだけならいいけど、健康に支障出ちゃう人も多いから、もはや社会問題です。

 

僕たちは、もっと「遊び」に重きをかけて良いんです。空いた時間に遊ぶんじゃない。空いた時間に仕事するイメージで良いんです。

馴染みがないけど、海の向こうの常識。

僕は、遊び中心の人生を謳歌します。