読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

森沢明夫「エミリの小さな包丁」読破。感想・レビューは?

森沢明夫 おすすめ本,漫画

スポンサーリンク

世界は変えられなくても、気分を変えることなら出来るからさ。

 先日読み終えた小説より引用です。

僕の大好きな小説家、森沢明夫さんの新作「エミリの小さな包丁」を読破です。森沢さんはこのブログで推すに推しまくっているのですが、例によって例の如く、本日も推します。

今回も泣かされてしまったよー。

購入経緯、森沢明夫さんについて

今回読んだ本はエミリの小さな包丁という森沢明夫さんの作品。2016年4月30日に出版された森沢さんの新作です。

森沢さんは僕の大好きな小説家。僕は全ての作品を読破しているほどのマニアです。今回も発売が決まった時点で予約購入。もうわっくわくで読み始めました。

彼のおすすめの小説に関してはこちらでまとめております。

最近では、2016年6月11日に公開された有村架純ちゃん主演映画「夏美のホタル」の原作者として話題です。

森沢さんは小説の中に幸せになれるメッセージを混ぜ込むのが得意な作家。そして、彼が物語を通して、伝えたいことはいつも同じ事な気がします。。

「小さな幸せを感じ取れれば、誰でも幸せになれる」ということです。

忙しすぎるときとか、落ち込んだ時に忘れそうなことを小説を読むたびに思い出させてくれる。目の前のことしか見えない僕にとっては日々のサプリメント的なところあります。

 

エミリの小さな包丁で印象に残ったこと

今回の作品「エミリの小さな包丁」は、若い女性がおじいちゃんの家に行くというストーリー。ジャンルで言うと、何に当てはまるんだろう。わかんない。

信じていた恋人に振られ、職業もお金も、居場所さえも失った25歳のエミリ。藁をもすがる思いで10年以上連絡を取っていなかった祖父の家へ転がり込む。

心が荒みきっているエミリは、人からの親切を素直に受け入れられない。しかし、淡々と包丁を研ぎ、食事を仕度する祖父の姿を見ているうちに、小さな変化が起こり始める。

「毎日をきちんと生きる」ことは、人生を大切に歩むこと。人間の限りない温かさと心の再生を描いた、癒しの物語。

出典:Amazon CAPTCHA

それで特に印象に残ったセリフがタイトルにもしたんですけど、

世界は変えられなくても、気分を変えることなら出来るからさ

エミリの小さな包丁 p296

って部分なんですよね。

なんだかなーうーん。心の沁みました。

 

僕は今、仕事の原稿の締め切りに終われています。

朝から遅くまで会社で原稿を書き書き。部署の皆で校正して戻ってきたものをさらに読み読み。責任も伴っていますし、デットラインもあるのでとにかく焦ってます。

そうこうしていると、忙しくてなんだかネガティブになってきます。

「あーやべー原稿間に合わいよー」

「うわー仕事やだよーつらいよー」

「うぎゃー今日も全然目標達成できなかったよー」

こうなってくると、最悪です。ネガティブスパイラル。全然良い事ありません。仕事全然終わりません。

 

そんなときに、やけになって本読んで出会ったのがそのセリフなんですね。

「世界は変えられなくても、気分を変えることならできるからさ。」

あ、そうかと。僕は気付くわけです。

気分は変えれるなって。

f:id:omosiroxyz:20160530222851j:plain

締め切りは変わんないけど、気分は変えられるなって。

そう思って今日の朝、牛乳1Lぐびっと飲んでご機嫌で会社に行きました。

「よーし今日は頑張るぞー。大丈夫大丈夫!俺は天才だから仕事できる!」

そんな感じでポジティブになれたのは良かったですけど、お腹は壊しました。

 

ささやかなプレゼントがたまらない

森沢作品のたまらないところはもう一つ。

しっかり最後まで読むと、必ずサプライズが用意されているんですよね。

今回はこの表紙の写真。

f:id:omosiroxyz:20160622225643j:plain

この写真が何を意味するのか…。

それを知った瞬間に涙がポロリでしたね。

さらに「エミリの小さな包丁」が何を意味するのか…。

これを知った瞬間に涙がもうひとポロリでしたね。

 

僕は森沢作品は9割泣けます。

今回もしっかり泣けたなー。気持ちもリセットしました。とても幸せ。

何かに追われていて、悲しい出来事があって、幸せを感じ取りにくくなっている人。そんな人は今すぐエミリの小さな包丁を幸せのサプリメントとしていかがでしょうか。

心温まって、ポジティブに。明日も一日頑張れますよ~。

kindleでも読めるのでぜひともお試しください!

さて6月に発売した最新作の「たまちゃんのおつかい便」も読まなくては…。ひゃー忙しい忙しい。

ちぇけ

 

P/S

森沢作品で一番好きなのはキラキラ眼鏡か夏美のホタルです。