読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

Nikon D5500で一眼デビュー!購入した理由と1年使った感想をまとめる。


スポンサーリンク

2016-03-04 公開 2017-02-06 更新

 

Nikonの一眼レフカメラ「D5500」を購入しました!!

f:id:omosiroxyz:20160304202838j:plain僕はブログ記事やライター業務のために、毎日写真撮っているんですけど、一眼レフカメラは初めての購入。これで良い写真が撮れる…。

他モデルとの比較結果、Nikon「D5500」を選んだ理由と使ってみた感想を書きます。

Nikonのd5500の購入を検討している方、一眼レフカメラに興味のある方は必見です。

 

 

NikonのD5500とは?

NikonのD5500は2015年2月に発売された一眼レフカメラです。

簡単に紹介すると、①とにかく軽い、②タッチパネル付き、③モニターが自由に動くのが特徴の一眼レフカメラです。

Nikon公式ページ(D5500)

f:id:omosiroxyz:20160304204019g:plain

Nikon「D5500」を選んだ理由

今回購入したD5500は、僕の一眼レフカメラのデビュー機種です。

まず購入前に、自分の希望を整理します。

  • 希望1:Nikonの機種から選びたい。
  • 希望2:一眼初心者でも扱いやすい機種。
  • 希望3:予算は6,7万円がいい。
  • 希望4:いろんな角度から撮影できる機種。
  • 希望5:軽くて持ち運びやすい機種。

これらの希望を叶える機種がd5500でした!

以下、詳細を書いていきます。

 

比較1:Nikonか?Canonか?

f:id:omosiroxyz:20170206131134j:plain

  • 希望1:Nikonの機種から選びたい。

まず検討したのがカメラのメーカーです。

国内のシェアはほぼキヤノンとニコンで拮抗しています。レンズを始めとする周辺機器・情報の充実さを考えて、初心者はどちらかのメーカーから選びましょう。

 

二者の違いについては、キヤノンは写真を見る人目線、ニコンは撮る人目線で設計しているそうです。「商品」としての写真ならキヤノン。「アート」ならニコンというイメージです。

…と言っても、初心者には大差ありません。

僕はカメラ談義できそうな友人・知人がニコンユーザーなのでニコンを選択。初心者は機能どうのこうのより、カメラにハマれるようにと選ぶのが一番ですよ!

 

比較2:どのシリーズの一眼レフカメラを選ぶか?

f:id:omosiroxyz:20160304210306j:plain

出典:一眼レフカメラ | ニコンイメージング

  • 希望2:一眼初心者でも扱いやすい機種。
  • 希望3:予算は6,7万円がいい。

ありがたくも悩ましいことに「Nikonの一眼レフカメラを買う!」と決めても、たくさんの機種があって選ぶのが大変です。

Nikonには大きく分けて、3種類のシリーズがあります。D一桁、D三桁、D四桁です。

 

僕は予算の都合で、D4桁シリーズを選択。

D1桁シリーズやD3桁シリーズは、ハイスペックなのですが値段が高すぎ。どれもプロのフォトグラファーが使うカメラですね。

僕は予算が7万円以内だったのでD四桁シリーズで即決。スペックは劣っても、初心者には十分すぎるし、使いやすさも抜群です。

 

比較3.Nikon D4桁のどのカメラ?

f:id:omosiroxyz:20160304211255j:plain

出典:一眼レフカメラ製品一覧 | 一眼レフカメラ

  • 希望4:いろんな角度から撮影したい。

比較検討は続きます。NikonのD4桁シリーズは、さらに3つのグループに分かれます。

D7000台、D5000台、D3000台ですね。価格はD3000→D5000→D7000の順に高くなります。D7000シリーズはD3桁シリーズにも近い中級機ともいえる中級機です。

 

順番に特長を説明していきます。

D3000台はとにかく小さくて軽いです。女性でも持ち運びや撮影が簡単。デジカメやミラーレスに近いともいえます。

D5000台はバリアングルモニターが特長です。自撮りが簡単だったり、上から下からいろんな体勢で撮影ができます。

▼こんな感じでモニターが動かせる

f:id:omosiroxyz:20160304212349j:plain

D7000シリーズはとにかく画質が美しい。防塵耐性があって防御力も高い!ただ、その分値段も高い…といったところです。バリアングルモニターは付いておりません。

 

僕は仕事柄、自撮りも含めて上から下から、厳しい体勢で撮影することが多いです。

なので軽さより画質より、重視すべきはバリアングルモニター!結果、D5000台のグループから選ぶことにしました。

 

4.D5300とD5500のどっち?

f:id:omosiroxyz:20170206133124p:plain

出典:一眼レフカメラ製品一覧 | 一眼レフカメラ 

  • 希望5:軽くて持ち運びやすい機種がいい。

最後の検討事項です。

D5000シリーズには、最新型のD5500と型落ちのD5300があります。価格は1万円以上、D5300の方が安い状況です(追記:2016年11月最新型のd5600が発売しました)。

 

僕が1万円の価格差を考慮しつつ、D5500を購入した理由はずばり「軽さ」です。

今回は実際にカメラ店に足を運んで、二機種を手に取ってみたのですが、D5300とD5500では軽さがだいぶ違うんです。

60gだけD5500が減量されてるんですけど、手に取るとなかなかの違いがありますよ!

 

D5500を1年使った感想!

f:id:omosiroxyz:20170205140048j:plain

最後に1年間、D5500にお世話になった僕が心を込めてレビューしていきます。

初心者はD5500から一眼レビューするのがオススメです。これからも長い間お世話になりそうな、僕が感じた魅力です。

 

とにかく軽い!

いやー軽い。

デジカメと同じくらいの気持ちで、気軽に持ち出せます。買ってから1年間、バッグに入れなかった日は無いかな。それでも「邪魔だなー」と思ったことは全くありません。

一眼をせっかく買ったのに「重くて持ち歩かなくなっちゃった…」って人がたくさんいます。軽さってとっても大事ですよ!

 

画質に満足!

スマホではできなかった「ボケ」を楽しめたり、明るくて鮮やかな写真が、初心者でも簡単に撮れちゃいます!

一度撮り始めたら止まらなくなりますよ。

 

バリアングルモニターが便利!

やはり、バリアングルモニター付きの機種を選んで正解でした。

頭上から、足元から、自撮りも。あらゆる場面でバリアングルモニターが活きます。

バリアングルモニターがついていない機種を買っていたら、僕はカメラにハマっていなかったかもしれません。

 

タッチフォーカスが便利

d5300にはなくて、d5500にあるもう一つの機能が、タッチフォーカス機能です。

これが意外と便利で、いつも使っちゃうことに気づきました。オートフォーカスでピントが合わない時に、タッチして一瞬でフォーカスが合うのは気持ちがいいです。

 

d5500の作例

何枚か適当に撮ってみました。

画質等、参考にしてください。

f:id:omosiroxyz:20160630221722j:plain

f:id:omosiroxyz:20160630221718j:plain

f:id:omosiroxyz:20160630221705j:plain

f:id:omosiroxyz:20160630221712j:plain

f:id:omosiroxyz:20160723205041j:plain

 

ご紹介したNikonのD5500、発売から少しずつ安くなってきています。現在はレンズ付きで6万2千円(2017-02-06時点)です!

一眼初心者は必見の機種ですよ!

 

 

カメラ記事他にもあります!

▼キットを卒業したら、単焦点レンズ!

▼3つ目のレンズ!タムロンの望遠!