読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

【ニコン】D5500を買うべき!D5600とD5500の違いを比較してみた。

カメラ

スポンサーリンク

Nikonユーザーのテツヤマモトです。

僕が使ってるカメラ「D5500」の最新機種「D5600」が、2016年に発売されました。

この記事ではD5500と最新のD5600の違いを比較しつつ、どちらを選ぶべきか考えます。

 

 

Nikonのd5500とd5600の違い

見た目・性能はほぼ同じ

ひとまず、近所のカメラ店に行って、実際にd5600を見物させてもらいました。

▼右が僕が今使ってるD5500、左が新発売で売り場にあったD5600です。

見た目、完全に同じです!!

それもそのはず、今回発売のD5600は大きさやボタン配置はもちろん、撮影性能もD5500からほとんど変わっていません。

重さが5gだけd5600の方が軽くなっているのですが、さすがに5gだと違いがわかりません。d5300→d5500は60gも軽くなったので違いがかなり大きかったんですけどね…。

 

違いはスマホとの連携!

「タイムラプス動画」「フレームアドバンスバー」など追加機能はが何点かありますが、大きな変化は「スマホ連携」に絞られます。

 

旧型のD5500にもWi-fi機能はついていて、アプリで画像転送や写真撮影ができました。

Wireless Mobile Utility

Wireless Mobile Utility

  • Nikon Corporation
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 ▼スクリーンショットです

f:id:omosiroxyz:20170207171828j:plain

 

このアプリがd5600で進化した形です!

こちらが「SnapBridge」という専門アプリ。 

SnapBridge

SnapBridge

  • Nikon Corporation
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 ▼スクリーンショットです(app storeに掲載されている画像を引用)。

f:id:omosiroxyz:20170207172537j:plain

スマホに写真を共有できたり、遠隔でカメラのシャッターを切れたりと、機能は同じ。

 

大きく違うのが「接続方法」ですね。 

D5500では、スマホとのwi-fi接続が必須だったのですが、D5600のSnapBridgeではbluetoothでの無線接続が可能になりました!

安定したスマホ接続、自動転送が可能なので、SNSでの写真の共有やLINEでのメッセージのやりとりがスムーズです。

 

僕もD5500からスマホに、SNS用の写真を転送してるんですけど、まぁめんどくさい。いちいちWi-fiを接続しなくちゃいけません。そう考えると画期的でありがたい機能だなぁ。

 

だけどD5500がお買い得!

とまぁ、確かに便利なんですけど、さすがに現段階では価格差が大きいと感じます。

ボディ単品の価格で、d5600は76,874円。d5500が59,200円(共に2017年2月7日時点)。

ほぼスマホとの連携機能のみの違いで、1.7万円ほどの価格差は厳しいかなぁ。

 

ということで、現時点ではD5500の購入するのをオススメします。

スマホ連携機能では劣っても、画像のシェアもできるにはできます。画質や軽さ・使いやすさは入門機種としてピカイチですよ!

「SNSに一日に何度も一眼の写真をアップしたい!」なんてヘビーユーザーでなければ、D5500を選ぶべきです。

 

▼ヤマモト愛用のD5500です!

▼最新機種のD5600!SNSやメッセージアプリのヘビーユーザーにはオススメ!

 

 ▼2つ目に買った望遠レンズ!かっこいい!

▼D5500購入までの流れを整理しました!

▼2つ目のレンズとして購入した単焦点のレビュー記事です!