面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

DaiGo著『自分を操る超集中力』を読んで実践したい5つの生活習慣


スポンサーリンク

f:id:omosiroxyz:20170212181550j:plain

実家に帰省中ののテツヤマモトです。

僕が帰ってやることは、とにかく読書です。

ヤマモト家は父がビジネス書、母が小説、弟がマンガって感じで、各々が本を読み漁ってるので本棚眺めるのが楽しいんですよ。

今回は父の棚から、メンタリストDaiGoさんのビジネス書を手に取りました。これがとっても面白かったので紹介します。

 

DaiGo著「自分を操る超集中力」とは?

今回読んだ本「自分を操る超集中力」

概要です。

あなたの集中力を劇的にアップさせる、食事、睡眠、場所、運動、時間…など、私が日々実行している即効性の高い18のメンタリズムをご紹介します。

DaiGoさんといえば、メンタリストとして、心理学を応用したマジシャンのようなパフォーマンスで有名な方ですね。

ビジネス書を出すようになってから、大勢の方が絶賛してるので気になっていました。

 

僕は初めてのDaiGoさんの本を読んだんですけど、「なぜ経営者でもないのに著者としての評価が高いのか」理由がわかりました。

「心理学の裏付け」です。

偉大な経営者に「机を整えるべき」って言われると、やったほうがいいのかな?と思うけど、やってみよう!とは思わない気がします。

そこをDaiGoさんは「視界に関係ないものがあると無意識に脳が疲れてしまうので、机を整えて脳の負担を減らすべき」って言うんです。お、やらないと!って思いませんか?

 

実践したい生活習慣

本では、DaiGoさんが集中力を高め生産性を高める習慣について提言しています。

その中で僕が「すぐにできそう!」「今日からやりたい!」と思ったことを書きます。

 

1.少し遠くのカフェまで歩く

まずは朝のスイッチの入れ方。

DaiGoさんは日光を浴びて「幸せホルモン」と呼ばれる脳内物質セロトニンを分泌させ、軽い運動をすることで血流を高めてから作業することを勧めています。

確かに少し外を歩いてから作業する日は効率がいい気がしますね!これからは自宅や近所のカフェではなく、一駅先のカフェまで散歩してから作業を始めようと思います。

 

2.作業前に瞑想

仕事場に到着したら、すぐにパソコンを開くのでなく、まずは「瞑想」をします。

やり方はシンプル。目を閉じて3分ほど深呼吸をするだけ。頭の中に浮かぶ雑多なことを整理し、今からやることを思い浮かべます。

瞑想は近年、脳科学・心理学の分野で注目されている、大変効果的な集中方法だそうです。

 

3.90分の集中、20分の休憩を繰り返す

睡眠をはじめとして、人間の体内時計には「90分の集中→20分の休息」というリズムが刻み込まれています。このリズムに上手く乗れば、自然と集中力が発揮できるんです。

トップレベルのバイオリニストは1日に4時間半しか練習しません。濃密な90分の集中時間を1日に3度でも作れれば、プロのパフォーマンスができるってことですね。

大事なのは20分の休憩時間。ここに運動昼寝を挟んで脳を超回復させます。

僕は午後の昼寝と、散歩しつつの作業場所の変更を習慣化していきます。

 

4.作業場所のモノを減らす。

作業場所が散らばっていると、脳が無意識に情報を取り入れ、集中力が散漫になります。

パソコンで作業をしている時にスマホを側に置くと、通知音で集中が途切れますよね。

作業するときはスマホをカバンの中へ。さらに、なるべく自宅に作業を持ち帰らない。

この辺りはミニマリストに考え方に近い気がしました。徹底していきます。

 

5.企画、目標設定は寝る前にやる

この本で一番参考になったのが、脳が一番疲れるのは「考える作業」って部分です。

企画立案、目標設定、自己分析などなど。これらの作業って体を動かすわけではないし、集中が必要って気もしないから、1日の作業で前半に取り組む人が多いのでは?

考える作業をはじめにすると、限りある集中力を早々に使い切ってしまうかもしれません。

なので、手を動かす作業をはじめにして、寝る前に企画や目標設定をすることにします。

 

生産的な習慣を作ろう!

以上のような形で、日頃なんとなく「こうした方がいい!」と思っていた習慣に心理学的な裏付けをしてくれる本でした。

とっても参考になるし、今日1日、この本で学んだことを意識して過ごしてみたら、記事をスラスラと3記事も書いちゃいました。

これからも実践を続けたいと思います。 

 

▼オススメのビジネス本、自己啓発本はこちらにまとめています。

▼ブロガー向けの本もまとめてます。