読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

テツヤマモト。北海道出身の23歳。フリーライターしてます。退職を期に、家無し放浪生活中。11月は札幌→台湾→札幌→上砂川の予定。

セブ島の”アヤラモール”でのショッピングが予想以上に面白かった

フィリピンセブ島編

スポンサーリンク

こんにちは。面白ハンターのテツヤマモトです。

フィリピンのセブ島に語学留学しに来てから、今日で1週間くらいが経ちました。良い感じに環境には慣れてきたものの、眠気がひどい今日この頃です。

さて、前回まで「う○こした話」や「ストリートチルドレンの話」などなど、世界的なリゾート観光地であるセブ島っぽいことを書いてきませんでした。

今日は満を持して、セブ島の巨大ショッピングモール「アヤラモール」を紹介します。

アヤラモールでのお買い物は想像していたよりも、楽しくて時間があっという間に過ぎた玄白でした。セブ島でのリゾート旅行を検討している方は必見でございます。

セブ島のショッピングモール「アヤラモール」って?

アヤラモールと言えば、セブ島のセブシティ中心部にある巨大ショッピングモール。

f:id:omosiroxyz:20160322224755j:plain

f:id:omosiroxyz:20160322224657j:plain

 日本でいうところのイオン…だと思って頂ければ、良いかなと思います。札幌でいう所のアリオでしょうか。アヤラモ―ルでは、ファッション、コスメ、電化製品、映画館、カフェ、レストラン、本屋などなど…。ありとあらゆるものを購入することが出来ます。

価格は思いのほか、日本で購入するのと大差ありません。

つまりはフィリピンでは高級ショッピングモールに位置付けられますねぇ。コーラは30円で買えるのに、ブランド物は3000円では買えないんです。世の中そんなに上手にできてはいませんね、とほほ。

  

アヤラモールのここが面白い!

アヤラモールはびっくりするほど広くて、かなり迷ってしまいそうになります。お店は日本でも名の知れたH&MやVANSなどなど、有名ブランドだらけ…。ショッピングも捗ります。

しかし、ただウロウロとショッピングするだけでは、アヤラモールを全く楽しみ切れません。アヤラモールはもっとディープな面白スポットなのであります。

以下、僕が見つけたアヤラモールの面白ポイントをまとめていきます。

 

①"レストラン"という靴屋

まず、僕が見つけたのがレストラン(Res Toe Run)という靴屋さん。

f:id:omosiroxyz:20160322225235j:plain

まぁようするにダジャレだと思うんですけど、これは突っ込むしかありません。

レストランだと思ってウキウキして入ったら「靴屋かいな!」ってなりますからね。これはとっても注意が必要です。

 

②日本食レストランの「オニャマス」

アヤラモールでは、レストラン街があって食べたいものは何でも食べられます。イタリアンから中華、韓国、フィリピン料理…なんでもあります。

僕はなんとなく気分で日本食レストランに行く事にしました。

f:id:omosiroxyz:20160322225531j:plain

こちらのPepper Lunch(ペッパーランチ)というお店。

日本でもお馴染みのお店らしいです。僕は知りませんでしたけど。4階屋上のラウンジみたいなところにあります。

晩ご飯なのに「ランチ」と名前についているお店をチョイスするあたり、私はハイセンスでございます。

f:id:omosiroxyz:20160322225721j:plain

ご飯は普通においしかったです。

240ペソだったので250ペソ払ったんですけど、お釣りもらえませんでした。まぁ…チップということにしておこうと思いました。

 

この店というか、フィリピンにある日本食レストランの面白ポイントですが…。

料理ができたら厨房から「オネガイシマス!」って聞こえるんですね。それでウェイターが席まで運んでくれるわけです。

なんですけど、よくよく聞いていると、

「オネガイシマス!」「オネガイシマス!」「オネガイシマス!」「オニャマス!」「オネガイシマス!」「オネガイシマス!」

たまーに「オニャマス」の人にいるんですよね。

ご飯食べながら「オニャマス」が気になって仕方がありませんでした。「オニャマス」の人が今後とも美味しい料理を作ってくれることを祈っております。

 

③惜しいよ無印良品 

日本の誇るべき無印良品もアヤラモールにあるんですねー!わーい見てみようって思ったんですけど、なんとなく気が引けちゃいました。

 

f:id:omosiroxyz:20160322231357j:plain

f:id:omosiroxyz:20160322231351j:plain

「無」の点が微妙にズレてるんですよね。

こういうの日本人は気にしますからね。繊細な心と和の心がこれを許すわけにはいきません。普通に中入りましたけどね。

 

④悲しいオブジェ

アヤラモールには4階に広いテラスがあるんです。そこにちょっとしたベンチや公園があるんですけれども、そこにあるオブジェの悲壮感がすごいんです。

f:id:omosiroxyz:20160322231439j:plain

彼の身に何があったんですかね。

失恋でもしたんですかね。なんだか悲しい気持ちになってしまいます。しかもこのオブジェ一体だけではないんですよね。

f:id:omosiroxyz:20160322231449j:plain

集団で落ち込んでるんですよね。

めっちゃ悲しくなってくるなぁ…。何があったんだろうか。

 

⑤フィリピ―ナのちょっとした逆ナンパ

僕が遊びに行った日、アヤラモールではイベントが開催されていました。音楽グループが各国のカバー曲を歌っておりました。「YMCA~♪」って歌っていたのにはすごく親近感がわきましたね。

f:id:omosiroxyz:20160322231523j:plain

もうびっくりするくらいたくさんの人が会場に集まっているわけですが、僕がそんな中、何をしていたかと言うと一生懸命、写真撮影してました。

f:id:omosiroxyz:20160322231638j:plain

 

めっちゃ人が集まっている様子、ステージでグループが歌っている様子、さらに自分を入れるというのはかなり難易度高かったです。これが限界。

ということで僕は一生懸命自撮りしていたんですが、突然、見知らぬフィリピ―」に声をかけられました。

 

「私も撮ってくれない?」

 

ということで撮りました。

f:id:omosiroxyz:20160322231825j:plain

「グッド!テンキュー」

彼女達は一言言い残して帰っていきました。ん?なんだったんだ?

特に金品には異常なかったので怪しい人ではないと思います。フィリピンの方はこうやって道を歩いているだけでやたら声をかけてきます。日本ではありえないのでびっくりいちゃいますが、これがフィリピンのノーマルなんでしょうね。

 

アヤラモールで日本との違いを楽しもう!

以上、僕が感じたフィリピンはセブ島、アヤラモールの面白ポイントでした。

他にも頼んだ飲み物が来なかったり、チップ請求されたり、タクシーでぼられそうになったり、フィリピンは日本とは違う面白いことだらけ。

これもまた海外に行く事の楽しみの一つでしかありません。

ぜひ、あなたもセブ島やフィリピンに遊びに行く機会がありましたら、アヤラモ―ルに遊びに行ってみてくださいね~。

f:id:omosiroxyz:20160322231950j:plain

ちぇけ