読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白ハンター

アジア諸国に滞在して、ノマドワークしてる23歳。講演・講師もやってます。札幌市民で北大卒。趣味は投資と読書。4月は台北に滞在します!

熱海のゲストハウス「カオサン熱海」に宿泊してみた。温泉と眺めが最高!


スポンサーリンク

日本一周の旅、12日目。

福岡から一気に静岡まで来て、熱海に宿泊です。熱海って高級リゾート的なイメージがありますけど、3000円程度で泊まれるゲストハウスもあるんですよね。

今回はカオサン熱海温泉旅館&ホステルに宿泊させていただきました!

 

ゲストハウス「KAOSAN熱海」

熱海のゲストハウス「カオサン熱海」さん。

大きなホテルのような建物なので「まさかこれじゃないよな…」と思ったら、看板を見つけてびっくりしました。

アクセスはJR熱海駅からは徒歩10分程度。料金は当日割引が効いて3200円でした。ただし熱海は別途で入湯税がかかるので注意!

公式サイトより、コンセプトを引用します。 

本物の温泉と地域の文化を楽しみながら、リーズナブルに滞在できる温泉旅館。

「お祭り」をテーマとして、子供も大人も、国籍問わず一緒になって楽しめる賑やかな空間を創出します。

http://khaosan-tokyo.com/ja/atami/

やはりカオサン系列ということで「リーズナブル」「国際的」な印象を受けました。

様々な客層に対応できますし、なんといっても温泉が楽しめるのは熱海ならでは! 

 

施設の様子(写真付き) 

ドミトリールーム

今回は男女混合の4人ドミトリールームに宿泊しました。

旅館の一室をシェアするイメージ。同室だったのは香港とタイから来ていた男性。たどたどしい英語でご挨拶します。

布団の寝心地はいい感じ。お部屋の中にトイレがあるのも便利です。浴衣やタオルが無料で用意されてるのもありがたい!

ちなみにどのお部屋からも、絶景のオーシャンビューを楽しめます。

夜の熱海。幻想的です…。

 

温泉に入れる!

カオサン熱海の推しポイントは温泉

ゲストハウスってシャワーだけな場所が多いですから、温泉に入れるなんて幸せだなぁ。

いうまでもなく温泉に浸かった後のビールはめちゃくちゃうまかったです。とろける。

せっかくなので朝風呂も入ったんですけど、窓から見える朝焼けに感動しました。

 

共用スペース

共用スペースは3箇所。

まず受付ロビーの前。

ちょっとしたお祭り空間ですね。

お菓子や飲み物を買ったり、観光の情報収集ができたり、書き初めができたり。スタッフさんもフレンドリーに話しかけてくれます。

 

こちらは3階のリラックスルーム

ゴロゴロできる空間と自動販売機。

ビール飲みながら、ボケーっとしたいならここに来るといいかな。

 

こちらは食堂兼リビング

食材を持ち込んで料理をしている方、仕事をしている方、ひとり酒をしている方など、用途は様々ですね。ファミコンや漫画もあるので、暇つぶしには困りません。

僕はここでブログを書いたり、タイの男の子とおしゃべりして楽しみました。

奥にあるキッチンにはコーヒーなどの飲み物や、調理道具などが揃ってます。

飲食店やコンビニから遠い場所にあるので、夜は自炊している人が多いようです。

 

それと宿泊した日はありがたいことに、無料のお茶漬けサービスもやってました。

いやーこれ嬉しい。夜小腹空いた時に、お買い物に行くのめんどくさいですもん。

深夜に食べるお茶漬けの美味いこと。

 

朝ごはん付き!!

3200円の宿泊費で、温泉ついてお茶漬けもついて…。かなりお得だなーっと思ってたら、朝ごはんも付いてました。

しかもなかなか豪華!

おかず4品にご飯味噌汁。ひゃーありがたい!こりゃ元気モリモリで出発できます。

 

熱海の街並みの様子!

ゲストハウスを出発した後は、少しだけ熱海の街を散歩しました。参考までに!

 

▼出発する前の記念撮影。筆者ヤマモト。

▼カオサン熱海に向かう直前にある、やたら急な坂。車落ちないのかこれ。

▼熱海の中心部を撮影。ビーチと高層ホテル。リゾートって感じがします。

▼1月13日時点、「あたみ桜」という桜が既に開花してました。いやー日本だな。

 

注意!熱海駅は北口からでる!

最後に注意です。

カオサン熱海の欠点…というか、熱海の欠点なんですけど、景色が綺麗な代わりに坂道がものすごく急です。

カオサン熱海に向かうのにも注意が必要。

f:id:omosiroxyz:20170119151357g:plain

上の図で僕は緑のコースで向かったんですけど、坂道がえげつなかったです。たどり着くだけで筋肉痛になりました…。

オススメは赤のコースで向かうこと。

最短距離かつ、比較的緩やかな道を歩けます。熱海駅は山側の出口から出ましょう!栄えてるのは海側の出口なので、お買い物はそちらで済ませておくのがいいですね。

 

 

熱海は「よくこんなところに人が住むな」って場所でした。坂…というか、崖に広がる街並みが魅力であり、不便でもあります。

それでも格安で温泉に入れて、朝食が食べれて…。とってもお得な滞在でした!

 

ゲストハウスの他の記事!

▼ 長野の野尻湖畔にあるゲストハウスです!アクティビティが充実してます。

▼激戦区の京都において、クオリティがとっても高いゲストハウスしづやさん! 

▼札幌の新しいゲストハウスがヘルパースタッフさんを募集してますよ!