『君の膵臓をたべたい』の感想と解説。タイトルの意味を理解して号泣。

こんにちは。月に10冊は本読まないと落ち着かないテツヤマモトです。 図書館で借りていた「君の膵臓をたべたい」を読破しました。 2016年の本屋大賞で2位を受賞していたのは知っていて、「何だこのタイトルは?」とずっと気になっていた小説です。 いざ読んでみると…、いやー泣けました。ここ半年で一番感動したかな。